REASON

事業体医療の仕組みの構築について


 税理士は税法をその判断の基準に置いています。弁護士は六法です。判断基準が明確なので(解釈で見解は分かれますが…)答えも明確です。

 経営者の判断基準は何?  そして、貴殿は何を基準に経営支援を行っていますか。
これをじっくり考えてみませんか?

 

SP経営協会は、経営の判断基準を『SP(Simple&Profitable)経営』と定義しました。 
また、この定義から外れている状態を、事業体としての疾病状態と定義します。指針無き経営は迷走します。

 

人間には病気を確認する健康診断と、病気を治療する医療の仕組みがあります。一方、会社に同様の仕組みはありません。病気になっても気付かず、治療することもできません。そもそも会社の患う病と言う概念すらありません。

 企業の病と治療法について、多くの経営者に広く問いかけると同時に、事業体に対しても、
健康診断と、病気を予防治療する  事業体医療の仕組みを構築  したいと考えています。

 

  
 

ALL

反復しながら経営のルールを研究する!

SP経営eラーニング講座
(3講座無料視聴・1ヶ月分無料 )

 

経営支援業務の進め方について解説

経営コンサルタント向けの
eラーニング講座

経営支援業務を次のプロダクトとして
取り組むなら、
経営支援ソリューション一式をご提供

SP経営コンサルタント
登録制度(お誘い)

SP経営に関するコラムを
プロのナレーションでご提供。
テキスト・問題集付き

 

SP経営認定講座
集中受講プログラム

 

~社長が伝えたい~
新入社員から中堅社員へのメッセージ!

 

社員教育用CD講座
(4/8(月)まで早割!)

〈N%の絞り込みと、N%の値上げで、N%利益が増える〉との仮説の検証

 

SP333プロジェクト
(トリプルスリー)